読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷺沢文香『黄昏の丘にて』第87期棋聖戦五番勝負第5局 羽生善治棋聖-永瀬拓矢六段

f:id:yaminomabot:20160801210052p:plain


 出不精の私でも、一日における時間帯は日時計で何となく分かるものだ。日が登ってきたからそろそろ正午近いなあとか、空が赤くなってきたから夕暮れ時だなとか、おおよそは判断出来る。
 それが人の一生となると、どうだろう? 今が人生の何時頃なのか、誰に分かるというのか。
 私がアイドルを初めて、何年と経っているわけではない。
 おそらくまだ正午にもなっていないと思う。まだまだこれから、なのだろう。
 だけど、私もいつか最後のステージに立つときはきっと来る。それがいつ、どんな形で訪れるのかは分からないけれど、必ずその時は来るのだから。
 どんなことにだって、どんな人にだって始まりがあれば終わりがある。
 先日、茜さんと買った雑誌に掲載されていた先崎九段のコラムが、のどに刺さった小骨のように、ずっと心に引っかかっている。

『羽生ほど偉大な棋士はいない。彼は1人で世界を変えて見せたのだ。彼はシェイクスピアであり、ニュートンだった。そしてモハメド・アリだった』

 どんなに偉大な太陽でも、いつかは落日の時を迎える。
 羽生善治もまた、例外ではない。
 でも、彼の盤上での輝きはあまりにも眩しいから、時々、それを忘れそうになる。

続きを読む

凛&幸子のイメージと読みの将棋対談

f:id:yaminomabot:20160717200309p:plain

:……だってさ。

幸子:いや、だってさと言われましても。

:動画の方のあとがきって案外書くことないでしょ。あそこでああしてればこうしてればって言い出したらきりがないし。

幸子:まあ、そうですね。

:そういうわけで、適当なテーマについて私と幸子でゆるく喋っていこうってことらしいよ。

幸子:なるほど。それで、そのテーマはというのは?

:これ。奈緒から預かってる。私もまだ見てないけど。

幸子:フーン、じゃあ一枚目から見てみましょうか。

続きを読む

依田は芳乃の『第87期棋聖戦五番勝負 第2局 永瀬六段‐羽生棋聖』観戦記でしてー

f:id:yaminomabot:20160619122411j:plain

わたくし依田は芳乃と申しましてー。
昨日事務所内で祝福の儀を終えましたゆえにー、そのまま観戦記を認めましょー。
お題は棋聖戦第2局で、これもまたわたくしのさだめなのでしょー。

続きを読む

神谷奈緒のツンデレ過ぎる『第75期 順位戦A級一回戦 森内九段-渡辺竜王』観戦記と居角左美濃の話

f:id:yaminomabot:20160617122848j:plain

こんにちは!神谷奈緒だ!
今回はあたしが観戦記を書いていくからよろしく……何だこのタイトル!?
凛の時は普通だったじゃん!どうしてあたしの時だけこんなのついてるんだよ!
つ、ツンデレ過ぎるってどうすれば……。

べ、別にあたしが書きたかったわけじゃないんだからね!勘違いしないでよっ!

あああああぁぁぁああああ……。

はい!この話は終わり!将棋の話するぞ!

 

続きを読む

渋谷凛の『横歩取り斎藤流』考察

f:id:yaminomabot:20160611225256j:plain

 

渋谷凛、だよ。
このブログには何回か出たことはあったかな。
でも私自身が書くのは今回が初めて。
ふふっ、ちょっと楽しみ。

そういうことで、今回は久しぶりの戦法考察をやってくよ。
蘭子のグリモワールって基本は観戦ブログなんだけど、こういうのもたまにはいいよね。未央も居角左美濃の話してたし。
今回見ていくのは横歩取りの中でも斎藤流と言われる将棋。

続きを読む

神崎蘭子の『盤上のシンデレラ ~神崎蘭子の観戦記~ 第14局』グリモワール

f:id:yaminomabot:20160518002640j:plain

クックック……我が名は神崎蘭子……!

闇に飲まれよ!!!!

時代が新たな時を刻み始め、はやくも二つの月が過ぎ去っていったわ……。
その間、我は小さな天使や書の女神と共にグリモワールを紡ぎながら、真剣師の仮面を被り死闘を演じていたわ。
我がグリモワールを紐解く者達には、こちらのグリモワールの魔力を確かめてみることね!

続きを読む