読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイキックアイドル堀裕子の羽生マジック選集!

f:id:yaminomabot:20160110181913j:plain

みなさんこんにちは!!
ふっふっふ、ついに来ました!来ましたよ!蘭子ちゃんから使命を帯びて!サイキックアイドル!エスパーユッコが!
あまりにも待ちすぎて今にもサイコパワーが溢れ出しそうです!

 いやね、本当は私、ナナさんの次のはずだったんですよ。

元々文香さんはそんなやる気なさそうでしたから。
宇宙人の次はサイキッカー!実にサイコです!
まあそしたら急に文香さんが自分も書くって言い出したので、順番をお譲りしたんですね。
そしたらね、私、とても驚きました。サイキック・ビックリです!
何ですかあれ。観戦記飛び越えて、小説じゃないですか!
一応夕休後の時は、私も一緒に共用部屋にいたんですけどね。全く私の描写ありませんでしたね!バニッシュされてました!
まあ十時過ぎには寝てましたからね!
それじゃ順位戦見れない?
仕方ない!仕方がないんです!寝不足ではユッコのESPが弱まってしまうので!
サイキック・舞台裏!
しかし、なんですね。正直文香さんのサイコパワーを甘く見ていました。
あれ読んで不覚にもしんみりしちゃった後に…え、これの次私書くの?って、いやあ、文香さんってばとんだ食わせ物ですねー
これでは私がふざけづら……いやいや、私はいつでも大まじめです!
それで、ほんの僅かの気の迷いでどうしようか困ってしまうところだったのですけど、そこはエスパーユッコ!心配ご無用です!

だって私には、サイキックがあるじゃないですか!

というわけで今回はサイキックについて一筆認めようと……えっ?サイキックと将棋は関係ない?
ふっふっふ!私の目は誤魔化せませんよ!
何故なら既に私のこのサイキック・アイ、もとい両のお目々がぱっちり見つけています!
プロ棋士には……サイキッカーがいます!
その名も羽生善治!……名人!
年末年始はスイスでチェス大会!しかもGMに勝ってる!
そして時差八時間のスイスからタイトル戦直前に帰国!
なのに時差ボケなし!
そのまま前夜祭!タイトル戦!
これをサイキックと言わずなんでしょう!?
私がオーストレェイリァァ!から帰国したときはそれはもう大変で……おっと閑話休題
それにですね、羽生名人は羽生マジックという超能力を使うそうじゃないですか!
マジックってつまりサイキックっていう意味ですよね!
羽生サイキック!
そうです!
今回は不肖、堀裕子が比較的最近の指し手の中から、羽生サイキックの数々をみなさんにご紹介します!

題して、エスパーユッコの羽生サイキック選集!

どうぞ!

第72期順位戦A級03回戦 三浦弘行羽生善治

名人戦棋譜速報│将棋・名人戦順位戦棋譜速報サイト(有料)

まずはこの局面をご覧下さい!

 

f:id:yaminomabot:20160110195832g:plain
戦型は角換わり腰掛け銀!先手の三浦先生の趣向で先手が穴熊に入っています!
順位戦の三浦羽生といえば、ですね。前期の対局で三浦先生に羽生先生は順位戦での連勝を止められているのですよ。
前期の流れもあってここで三浦先生は羽生先生に再び土を着けられるか!?って状況ですね。
その前期の将棋も凄まじい激闘でして、羽生サイキックというカテゴリからは外れますが、この将棋も是非並べて……え?なんで段位じゃなくて先生かって?
ややこしいからです。サイキック呼称統一。
しかしこの局面も凄いですね。いくつ駒当たってるんですか。両取りってレベルじゃないですよ。後手忙しいどころの騒ぎじゃないですねー。
その瞬間、鮮烈な一手が羽生先生から飛び出しました!

 

f:id:yaminomabot:20160110202928g:plain

△8六飛!

まさかの飛車切り!そんな馬鹿な!
だって飛車ですよ!飛車!
ほとんどタダで相手に渡しちゃっていいんですか!?
いやー、びっくりしましたよ!
驚きの余り物理的にスプーンを曲げてしまいました!

▲同銀△4七馬

f:id:yaminomabot:20160110203150g:plain

しかし飛車を取ってじっと馬を引くと……驚くべきことに、これで先手玉は寄り形になっています!
▲6三角成は△7八歩が厳しく、▲6八金上△7九歩成と穴熊の周りに成り駒を作られてしまいます!
実戦は▲7七飛と粘りに行きますが、淀みなく寄せきって羽生先生が勝ちました。
しかし、あそこで飛車切り……まあ正直その二手前の△6九銀も正直意味不明で訝っていたんですけどね。
これを狙っての一手だったわけです。
神業の穴熊潰し。まさに羽生サイキックです!

第23期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局 久保利明羽生善治
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/23/ryuou20100816.html

はい、次の局面見ていきましょう!ジャン!

f:id:yaminomabot:20160110210022g:plain

羽生先生の竜王戦といえば、あと一期で永世竜王、永世七冠……!
これはその挑戦者決定戦の将棋です!
当時の久保先生は泣く子も黙る二冠王!先手石田流後手ゴキゲン中飛車が猛威を振るっていて、居飛車党は手を焼いていました。
この将棋は先手の久保先生が石田流から趣向を凝らして穴熊に組んで……って、またですか。サイキック偶然ですね!
さてこの局面の説明ですけど、うーん……これちょっと訳が分かりませんね!
えっと、とにかく難しいことだけは分かります!
他には……あ、後手の角が詰んでますね!
ということは△5八角成▲同歩と切り飛ばしたいところですけど、しかしそれでは後続手がないんですね。
いや、どうするんでしょうこれ?

 

 

f:id:yaminomabot:20160110211440g:plain

△3六歩!

いや、だから角取りですって!!
え、ええ?ええええええええ???
▲4九金に△3七歩成も詰めろじゃないし!
これはまさにサイキック・ディメンション!
異次元の扉を開けてしまってますね!
まず▲4九金~▲6一角が見えています。▲8一龍から▲7二龍もあります。しかしどちらも難しい!
先手に勝ちがありそうだけど、難しい!しかも時間がない!これが苦しい!
サイキック・アップアップです!
久保先生は▲8一竜としましたが、結果的にはこれが敗着になりました。
▲4九金△3七歩成▲6一角△6三玉▲7二角成△同玉▲8四飛なら難解だったようです。
このとんでもなく難しくて忙しい局面で相手にふわっと手を渡す…これが羽生サイキックの神髄なんですね!

第60期王座戦五番勝負 第4局 渡辺明羽生善治
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/60/ouza201210030101.html

 

最後は世代を超えた黄金カード!
渡辺先生との将棋です!
前期の王座戦で、19連覇していた王座をついに渡辺先生に奪取されてしまいます!
しかしこのまま黙って終わらないのが羽生先生!
翌年早速トーナメントを勝ち上がり、今度は挑戦者として20期連続で王座戦の舞台に立ちました!
って、ええー?この時点で何かおかしくないですか?既にサイキック過ぎますよね?ま、まあいいでしょう!これくらい羽生先生なら普通です!
そう、この私がサイキッカーであるように!ふっふっふ……!
さて、ここまで挑戦者の2勝1敗で迎えた第4局!
戦型は後手羽生先生が意表の二手目△3二飛戦法!そこからクラシカルな天守閣美濃対三間飛車の将棋になりました!
中盤わずかにリードを奪った羽生先生ですけど、終盤の入り口あたりで攻め急いでしまい一気に激戦に!


f:id:yaminomabot:20160110213536g:plain
さてこの局面ですね。まず見える△8八角成▲同玉の寄せですけど……後手は斜め駒が一枚しかないんですね。
では△7九銀に▲9七玉と逃げられるともうどうしようもないわけですか。
ははあ……なるほど!エスパーユッコ、サイキック閃きました!
これ、後手勝ち目ないです!
後手玉寄るけど先手玉寄りませんから!
いやいや、それじゃダメでしょう!どうするんですかこれ!?

△6六銀!

f:id:yaminomabot:20160110215254g:plain

え、何ですかこれ?
銀?タダのところに?
これぞまさに目を剥くような一手です!サイキック・シルバー!
後手玉は▲8三飛△同金▲同銀成△同玉▲8二飛△7四玉▲6六桂の詰めろが掛かっているのですけど、△6六銀と「敵の打ちたい所に打て!」というサイキックな格言の通り、最後の▲6六桂が打てないんですね!
もちろん銀を同歩ととっても同じ理屈で不詰みです!
つまりこの△6六銀は詰めろ逃れの詰めろになっているのです!
いやー、恐ろしい手があったものですね~。
羽生先生の銀使いは恐ろしいとはよく聞きますけど、この銀打ちはまさに羽生サイキック!
この将棋は以下▲同歩△8九金から千日手に。お互い秘術を尽くした末の千日手も美しいものですね!
羽生先生は深夜の指し直し局を制し、わずか一期で己の牙城たる王座を取り戻しました。
それにしてもこの△6六銀は衝撃です!
この数年では最も有名な一手と言えるのではないでしょうか!

 

 

ふう~、エスパーユッコの羽生サイキック選集!
如何だったでしょうか?
え?羽生マジックと呼べる手はもっとたくさんある?
ノンノン、羽生サイキックです。お間違えのないよう!
というのはサイキック・ジョーダンとして、羽生サイキックもとい羽生マジックがもっとたくさんあること、もちろん私は承知です。エスパーですから!
ところで羽生先生の将棋というのはとても華があって、まるでアイドルのライブようだとは思いませんか?
ライブで得られる感動はファンのみなさんによって十人十色です!
同じように、いわゆる『羽生マジック』として分類されていない指し手でも、人によっては深く感動したりしているのではないでしょうか?
私もまだ胸に秘めている羽生マジックがまだまだたくさんあります。
1800以上の過去の対局、これからある沢山の対局……そこにはあなただけの羽生マジックがあるはずです!
それを見つけたとき、再びこのエスパーユッコと羽生サイキックについて語り合いましょう!
それでは!


《堀裕子》