読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一ノ瀬志希『While He's Still Silent』第41期棋王戦第3局佐藤天-渡辺

f:id:yaminomabot:20160306182955j:plain


ベルガモットのパルファム。
狭い室内に漂う。
カーテンに遮断されたままの個室。
日光で分解されちゃうから。
アップルティーの甘ったるい匂いと、混じり合って、溶ける。
深く、深く。
流転する臭気。
鼻腔に届けば、中枢神経を刺激する。
既知の香り。帰れる刺激。
逃げ出したくなるくらい、よく知ってる。

 フレちゃんは私に問う。

「志希にゃんってさー。あっちの大学途中でやめちゃったんだよね~」
「そうだよ~」
正常な心音で答える。
「どうして?どうして?」
「なんでだろう?飽きたからかな~♪んふふ~、エクスタシー!が、足りないとね。ねむーくなっちゃうんだなぁ」
不感症。
怖いものってある?私はあるよ。
慣れれば刺激は鈍くなる。
鈍くなって薄くなって何も感じなくなれば、私は貌を失う。
逃げなければ。
空白地点から眺めれば、単調な刺激でまた信号が通る。
そんな気がするから。
「それじゃあさ、もしも……」
フレちゃんはなおも問う。
興味?好奇心?
気まぐれ。
フレちゃんは封をされたままの小瓶をいじる。
それは開けちゃ駄目。
嗅いだらトリップして。戻れなくなるの。
「アイドルにも飽きちゃったら、どうする?」

                  ★

第41期棋王戦五番勝負 第3局
持ち時間:各4時間
先手:佐藤天彦八段
後手:渡辺明棋王

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △4二銀▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △4四銀

f:id:yaminomabot:20160306230921g:plain

「わーお☆ゴキゲン中飛車?」
ゴキゲン中飛車対超速~♪」
「意外!号外!奇想天外!」
「銀の宅急便だね~」
宮本フレデリカと一ノ瀬志希は顔を見合わせて言い合う。
互いに互いの話を聞いているのかいないのか。
速水奏は内心……あくまで心の動きであって表情には出してはいない……呆れていた。
三月六日、日曜日。たまたま志希、フレデリカ、奏の三人がオフだっため、志希の住んでいるマンションの一室に集まり、三人で将棋観戦をすることになった。
言い出したのはフレデリカで、『将棋界の一番長い日』以来、将棋観戦と神崎蘭子のブログに興味を持っていたらしい。
しかし、この組み合わせはどうなのだろう、と奏は内心ため息をつく。
志希とフレデリカが会話を始めると、話題があちらこちらへ無軌道に飛び回り、聞いているだけで疲れてしまう。
自分のペースを保ったままこの二人に合わせられるのは塩見周子くらいのものだ。
奏は最近、対処法を覚えてきた。いちいち相手にしないこと、これである。
城ヶ崎美嘉はまだ耐性が出来ていなくて、いまだにいいように振り回されている。あるいは彼女の生真面目な性格との相性からして、ずっとあの調子のままかもしれない。
将棋を見ながらアーニャちゃん達みたいに座談会すればいいんだよね?よーし、フレデリカ喋りまくっちゃうぞー!」
「私も私も~♪それじゃあ、私、アーニャちゃんやるね!ほらこれロシア風の香水♪ピロシキ~」
「わーお☆それじゃあ私奈緒ちゃん!ツンデレ!」
妙なやる気を見せる二人に、奏は断固として首を横に振る。
「あなたたちが座談会なんてしたら、収集がつかないわよ。私が適当にまとめるから、要所でコメントしてくれればいいわ。形式としては文香のものに近いかしら?」
「すごーい!奏ちゃんやり手!古本っぽい香水貸したげようか~?
「いいから……」

棋王戦第三局、渡辺棋王の作戦は意表の振り飛車だった。
渡辺棋王と言えば純粋居飛車党のイメージが強く、ゴキゲン中飛車を採用することは珍しい。裏芸ということだろうが、勝率はよくない。
ただし、それはあくまで数字の上の話だ。
羽生名人との王将戦最終局、三浦九段との棋王戦第二局……要所ではことごとく勝利を収めている。
かつて力戦中飛車といわれたゴキゲン中飛車だが、定跡化が進んだ今では力戦の面影はない。だからこそ、渡辺棋王のような居飛車党にもとっつきやすい意味があるとも言える。

 ▲7八玉 △6二玉▲5八金右 △7二玉 ▲6六歩 △8二玉 ▲6七金 △9二香▲7七角 △9一玉 ▲8八玉 △8二銀 ▲9八香 △7一金▲8六角 △9四歩 ▲9六歩 △6二飛 ▲9九玉 △6四歩▲8八銀

f:id:yaminomabot:20160307110139g:plain

戦型は相穴熊になった、▲5八金右 ~▲6六歩のところで▲6八銀 ~▲7七銀としていれば、逆に急戦調になっていただろう。どちらも有力だ。
「志希にゃん解説委員、ここまでの流れで気になる部分はありますか!?」
フレデリカがインタビューをするアナウンサーのような身振りで志希に質問する。ただし、マイクは持っていない。当たり前か。
「んん~、▲8六角が気になるかナ?」
「ほおー、▲8六角~。言われたらフレちゃんも気になってきたー!それで、どーゆー意味??」
「△6四歩を牽制してるんだよ~」
「わーお☆そのまんま!」
「香水もね~。完成に近づくほど微調整が増えていくの~」

ゴキゲン中飛車居飛車の戦いが進むにつれ、当初は拡散していた居飛車側の対策は超速▲3七銀に絞られた。
そしてその中でもゴキゲン側の砦となっているのがこの銀対抗だ。
▲8六角や端歩の突き合いは本当に細かい工夫だが、定跡の完成度が高いからこそ、微細な部分に工夫を凝らすことになるのだろう。

「飽きとの戦い。……ばたり」
「あーん!志希にゃんが死んじゃったー!」

だからこそ、実戦例も減っているのかもしれない。
それにしても、よく読み解けばまともなことも言っているのだから、もう少し何とかならないものだろうか。
無言でパソコンに文章を打ち込みつつ、奏はそんなことを思う。

 

△5一金 ▲7九金 △6一金左 ▲7七金 △4二角▲1六歩 △8四歩 ▲7八金引 △7二金左 ▲3七桂 △8五歩▲7七角 △7四歩 ▲4五銀 △5三銀 ▲5六歩△4四歩▲3四銀 △5六歩 ▲4三銀不成△5七歩成 ▲5四歩 

f:id:yaminomabot:20160307114325g:plain

 

前述の通り、この日は志希のマンションのワンルームに集まっている。
それはいいのだが、全ての窓が遮光カーテンに閉ざされており、昼間にも関わらずとても暗い。
現在志希が調合中の香水だか薬品だかが、日光に非常に弱いらしい。
奏としては出来るならカーテンを開けても可能な作業をやって欲しかったが、失踪癖のある志希が途中でどこかに消えてしまうよりは、多少暗い方がマシである。
この将棋は渡辺棋王と佐藤八段の組み合わせにしては、異様に指し手の進行が遅い。待っている間の時間つぶしは必要だった。
奏は画面から目を離して、ちらりと志希を見る。
怪しげな薬品作りに没頭しているようだ。
志希と奏は以前は先日ユニットを組んだばかりの仲だ。
それより前にはあまり交友はなかったが、個人的な興味はずっと抱いていた。
「ねえ志希」
「ん~?」
「局面進んだけど?」
「ほほう、どれどれ」
昼休憩後、戦いが始まってから指し手は少しずつ速くなっていた。
現局面はお互いの主張がぶつかり合った勝負所だろう。
「先手カナ?少~しリードって感じ♪」
中央の折衝でポイントを上げたのは先手の方だったということだろうか。
後手の△8五歩と開いた穴熊は固さにおいて先手に劣る。
角を追うために必要な手順ではあるのだが、形としてマイナスなのは間違いないだろう。
「でも、後手も5七にと金を作ってるわよ。それも急所でしょう?
「そ、だから少~しだけリード。万有引力が働かなくなるくらい」
「どれくらいよそれ……」
「んふ~♪キスする前の唇と唇の間くらいかな~」
ともかく、微差だということだろう。

一ノ瀬志希はギフテッドというものらしい。
『gifted』……神から与えられた資質だ。
志希は生まれながらにして平均より高い学習能力を持っている。
人間離れした鋭い嗅覚を持つのも、志希のギフテッドとしての特徴だ。
天才、と言ってしまうのは多少ざっくばらんな嫌いがある。と、いうのも天才は社会的な成功や業績に対しての後付けで言われがちであるからだ。
例えば海外の大学に飛び級で進学し、また中退しても、一之瀬志希はギフテッドあり続ける。彼女を取り巻く環境によってその事実は変質しない。
一方でやたらと飽きっぽく、ものよっては集中力が15分ともたない、失踪癖がある、といった特徴も志希にはある。
奏と志希は感覚器官の性能からしてまるで違うのだ。
だからおそらく、奏が見ている世界と志希から見えている世界はまるで違うのだろうと思うけど、それを想像するのは難しい。

 

△3五歩▲6五歩 △3六歩 ▲5三歩成 △同 角 ▲5四銀成 △5二歩▲4五桂 △同 歩 ▲6四歩

f:id:yaminomabot:20160307125211g:plain

 

佐藤八段が▲6四歩と突いた局面。
これまで緩い調子で画面を見ていた志希の様子が一変した。
「▲1一角成 △3七歩成 ▲2九飛 △6五歩 ▲2一馬 △6六桂▲7七金△3八と ▲5九飛……」
画面を食い入るように見つめながらぶつぶつと符号を呟いている。突然の変貌ぶりに戸惑うしかない。
「▲1一角成 △3七歩成 ▲6四歩 △2八と ▲6三銀 △6七歩▲6二銀成 △同 角 ▲6三歩成 △6八歩成 ▲7二と △同 金▲6三金 △7九と ▲同 金 △7一金打 ▲7二金 △同 金▲6四歩……」
早口で聞き取りづらい。
どうやら▲1一角成が起点になっているらしい。
「ねぇ、何よあれ?」
対処の仕方が分からない奏は、フレデリカに尋ねる。
「んー、▲1一角成だとどうだったんだって考えてるんじゃないかな?」
「なるほど」
▲1一角成は香を拾っている間に△3七歩成を許すことなるので、逆に遅くなりそうだと奏は考えていた。
しかし、△2八とと飛車を取らせているいる間に後手の穴熊に食らいつける。
相穴熊戦において守り駒を剥がすのは大駒を取るよりも価値があることがしばしばある。
志希の考えているらしい順も、後手の穴熊に食らいつけているので、もしかすると有力だったかもしれない。
それにしても、何をきっかけにスイッチが入るのか分からないな、と志希の背中を見ながら奏は思った。

△同 飛 ▲5三成銀 △同 歩▲5五角 △6三歩 ▲6四角 △同 歩 ▲3一飛 △3七歩成▲2一飛成 △8三銀打

f:id:yaminomabot:20160307131520g:plain

渡辺棋王が△8三銀打と指した瞬間のことだ。
それまでずっと奇怪な変化手順を呟き続けていた志希が、ぴたりと止まった。
「にゃーん」
そして、そのまま椅子に座ったまま真後ろに崩れ落ちて、凄い音がした。
「ちょっと志希!?」
「志希にゃん大丈夫!?」
フレデリカと奏は慌てて駆け寄ったが、志希は虚ろな目でぼんやりと天井を見ていた。
「これ、またトリップしてるの?」
「んー、どうだろ?」
安易に触れるのも躊躇われて、奏は倒れている志希を見下ろすしか出来なかったが、待っていると次第に志希の瞳に光が戻ってきた。
「はふー、ただいま」
「ただいまじゃないわよ。何やってるの。頭打ってない?」
「奏ちゃんの香りで帰って来れたよ~。ありがとー!」
志希はのそりと立ち上がった。
そしてまたPC画面を見る。
「後手は渡辺棋王だよね~?」
「そうだよ」
「本当に人間なの?将棋のモンスターか何かじゃなーい?」
「わーお☆いきなりとんでもないこと言うね!」
「そっかー。いやー、組み立てがさ。次の一手なら当然打つんだろうけど、もっとずーーっと前からこれで良い判断して、こういう構想にしてるわけでしょ。信じらんないね♪」
志希は肩を竦めると、先ほどまであれほど食い入るように見つめていた盤面からあっさり視線を外して、小さな声で言った。
「この△8三銀で、後手の勝ちなんだね」

 

▲2九飛 △5六角 ▲6三歩 △6七と▲同 金 △同角成 ▲4三角 △6六桂 ▲6二歩成 △同金上▲6九飛 △5七馬 ▲6七銀 △8六歩

f:id:yaminomabot:20160307133301g:plain

 

数手進むと、志希がああ言った理由がはっきりしてきた。
後手は難攻不落の四枚銀冠穴熊。見ているだけで、目眩がしそうになる。
しかも、先に駒を剥がされ始めたのは先手の方である。
後手の穴熊に睨みを利かせているのは龍が一枚のみ。穴熊は小駒で張り付かなければ攻略できないわけだが、その足がかりがないのが痛い。
▲4三角は非勢を認めて粘りに行った手だろう。しかし攻めには利いていない。
相穴熊は双方が似たような陣形で、また一手一手の選択肢はあまり多くはない。マジックのように幻惑して相手を間違えさせる手段に乏しい。
故に、一度差がつくとその差を取り戻すのは困難極まる。
これはもう、渡辺棋王が勝ちになった将棋だろう。
渡辺棋王は残り三十分のうち二十五分を使って△8六歩。
決めに行った手だ。
志希は、もう盤面を見ていなかった。
彼女の中でもう勝負はついてしまっていて、もう関心を失ってしまったのかも知れない。
「…………」
奏はしばし無言で、薬品を調合している志希を見つめてから、言った。
「私、もう帰らないといけないわ」
「えっ、そーなの。今日はずっといると思ってた!」
フレデリカが驚いたように言う。
確かに、と奏は心の中で頷く。
私もそう思っていたけど、と。
「だから志希、△8六歩から続きはあなたが書いてよ」
「えっ、私?」
「私が朝から夕方まで書き続けてきたのよ。途中で終わりになっちゃ困るもの」
「ん~?まあ、いいけど……」
そこまで気乗りしない様子ながら、志希は頷いた。
「それじゃあフレデリカ。志希のこと、ちゃんと見張っといてね」
「わかったよー!フレデリカにお任せ!」
グッ!とサムズアップするフレデリカ。
「でも、どうして?」
どうして、か。
難しい問いだ。わざとぼかして解答を難しくしているのか、何となくでも奏の考えを把握しているのか。
「文香さんの観戦記を読んだから、かしら?」
そう微笑んでから、奏はPC画面の一点を見る。

佐藤天彦八段。

                  ★

▲6六銀 △7九馬▲同 飛 △8七歩成 ▲同 銀 △8六歩 ▲同 銀 △8七歩▲8八歩 △6八金 ▲7七飛 △7八金打 ▲8七飛 △7九金左▲9七香 △8九金寄 ▲9八玉

f:id:yaminomabot:20160307141324g:plain

「文章ってどうやって書くの?メールやラインじゃなくって、ちゃんとした文章みたいなの」
フレちゃんの質問一号。
お答えしましょう。
でもどうだろう。
思うがままに書けばいいと言われたから思うがままに書いたら読めないと言われたから思うがままに書いては読まれないのでは。
おお。私、文章下手だな!
「言語中枢から単語を引っ張り出せばいいんだよ~。補助するパフュームもあるよん?」
「脳パワーだねー!脳みそのままロケットになって宇宙に飛んでいきそう!」
「クローン人間は倫理的に難しいねえ」
奏ちゃんが帰って、部屋の香りが一つ減る。
残香が薄れる。
ミステリアスで奏ちゃんらしい?

だけど。

ここから私は何を書く?
「局面は後手がいいんだよね?さっすがきりゅーおー!」
「ほとんど勝勢だよん。もうすぐ終わるんじゃないかな~」
「あっ、天彦さんが……」
「投了した?」

 スッ、と。指を滑らせて。

▲9八玉

 「あれ?」

生きてる?
いや、生きてない。
でも死んでない。
「あれれ?」

△4七と ▲6三歩 △同金直▲5五桂 △8五歩 ▲同 銀 △7三金寄 ▲7五歩 △8四歩▲7六銀 △9五歩 ▲同 歩 △8五桂 ▲同 銀 △同 歩▲6七角 △8八金引 ▲同 飛 △同 金 ▲同 玉 △8六飛▲8七金 △6六飛 ▲7七金打

f:id:yaminomabot:20160307142430g:plain

△8四歩▲7六銀は息苦しい。
水面から出られない。出ようとしてない。ただ、耐えてる。
どうして?
勝ち目なんてないのでは?
それならキレて突撃……も、しないで。
じっと銀を引いた。
なんで?
△8六飛は王手銀。
銀をまるっと食べられて、相手は四枚銀冠穴熊。
これは決め手、決着。
もう手段なんてない。
これで投了?

▲8七金 △6六飛 ▲7七金打

f:id:yaminomabot:20160307142430g:plain

何だろうこれ?
シナプスが接続してない神経に、信号が繋がらないでいる。

 

 △3六飛 ▲8四歩 △同 金▲7六桂 △5七と ▲4五角 △3八飛成 ▲7八桂 △4九龍▲6九歩

f:id:yaminomabot:20160307143436g:plain

気がついたら、黙って盤面に見入っていた。
敗北への拒絶?
違う。そんなものすぐに首を刈られて終わる。
勝利への追求?
違う。そんな甘い状況ではない。
分からない。
分からないけど、指し手は進んでいって、何となく混沌としていて、でも間違いなく後手が勝っているままに伸びていく。
何が、そうさせるの?
「志希にゃんってさー。あっちの大学途中でやめちゃったんだよね~」
フレちゃんが急に聞いてきた。
脈絡ないよ。
私もか。
「そうだよ~」
「どうして?どうして?」
「なんでだろう?飽きたからかな~♪んふふ~、エクスタシー!が、足りないとね。ねむーくなっちゃうんだなぁ」
あまりに深く眠ってしまうと、起きれなくなる。
「それじゃあさ、もしも……アイドルにも飽きちゃったら、どうする?」
「アイドルにも?」
どうだろう?
「逃げちゃうかな」
次はどこに逃げるんだろう?
今、アイドルをやってる私は楽しくて、毎日がエクスタシー。
だけど、いつか、不意に興味を失って、何もかもどうでもよくなってしまう日が来るのだろうか?
そうなった私は、何にも無い。
空っぽな存在に。
なってたり、する?
「怖いこと聞くね~」
「怖かった?」
「うん。凄く」
「ごめんね」
「いいよ」

 

△4五龍 ▲8四桂 △6八と ▲同 歩 △4九龍▲8九歩 △9六歩 ▲同 香 △7九角 ▲9八玉 △8四銀▲6三桂成 △4三龍 ▲7二成桂 △9七歩 ▲同 金 △5四角

f:id:yaminomabot:20160307144822g:plain

△5四角。
金合いしかない。
でなければ詰む。
決まった。今度こそ、はっきりと間違いなく。
162手目。
カーテンの隙間から漏れる光もない。
どれだけの時間が経った?
私がこの将棋を見放してから。
佐藤八段は決して『負けました』と言わない。
黙って、時間に、局面に追い詰められながら、指し続けている。
「先手が逆転した局面はあったのかな?」
「ん~、ないよ。一度もない」
「わーお☆渡辺棋王、ヤっバいねー!」
佐藤八段は負けの将棋を怪しく粘り続けて、しかも渡辺棋王はリードを守り続けた。
何だろうこれは。
どうしてここまで?
飽かないの?
集中力が途切れないの?
もう、これでいいだろうって、思わないの?
「志希にゃんはね。アイドルに飽きたりしないと思うよ」
フレちゃんが言った。
「そーお?」
「もし飽きて失踪しても、あたしとか奏ちゃんとか、プロデューサーが見つけるだろうし。それに、志希にゃんが絶対飽きないようなものが、この世界にはきっとあると思うなあ」
適当な調子が、妙に突き刺さって、痛いような。
その痛みの刺激を求めていたいような。
「どうしてそう思うの?」
「だって、何も読まなくても、この将棋をずーっと見てたから」
「ああ……」
すとん、と。
私の中に何かが嵌まった。
そうかな?
それなら、私は空っぽにはならないのかな。
そうだといいな。
私もいつか。
この二人みたいに。
「負けました」
佐藤八段が沈黙を破った。
終局。盤上世界の終焉。
「お疲れ様でした!」
フレちゃんがパソコン画面に向かってお辞儀する。
私もそれに倣って、深く、頭を下げた。

 

f:id:yaminomabot:20160307150022g:plain

▲8七金打 △7二角 ▲7一金 △8三銀打 ▲7二金 △同 銀▲1一龍 △6五桂まで170手で後手渡辺棋王の勝ち

 

 

【一ノ瀬志希と速水奏】

*不注意で一度、記事を削除してしまいました…。星つけ、ブックマークしてくれた皆様、本当にごめんなさい……(蘭子)